高血圧は食事療法で対策だ~食事療法は良法~

Doctor

どんな事を行うのか

Doctor

毎日の生活を過ごしていると、仕事の疲れやストレスによってできるだけ美味しいものを食べたいと思う人も少なくありません。美味しいものや自分の好きなものだけを食べるとどうしても栄養に偏りがでてしまう場合があります。栄養の偏りは時によっては高血圧や肥満などに繋がる恐れがあります。そのため、食事療法を行いたいという人もいます。ただ、食事療法では具体的に何をすればいいかわからないと悩む方も少なくありません。食事療法では基本的に、食塩を減らすことから始めます。食塩は高血圧の原因にもなりますが、食事療法では細かなところに気をつけできるだけ、食塩の量を減らします。食塩の量を減らすためには食品選びも重要です。いくら食生活に気を着けた調理法をおこなっても、その食品自体に食塩が大量に入っていると意味がありません。食塩の入っている加工品はあまり選ばないようにすることも大切です。

エネルギーをとりすぎないように、糖分の強いお菓子屋や揚げ物はできるだけ控えましょう。エネルギーの摂り過ぎは肥満につながる恐れがあります。揚げ物はなるべく、作らないといった調理法を考えることも食事療法では大切なことです。自分で食事を作らないという人は、そのような食品をえらばずにできるだけ油分の少ない食べ物を選ぶのも食事療法といえます。アルコールを抑える事も食事療法の一つです。アルコールは飲み過ぎると、血圧上昇の原因にもなります。